ワードプレス

WordPressを導入するまでの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressの導入する流れを簡単に説明します。

 

独自ドメイン名を取得

 

ドメインとは、住所のようなものでまさしく「アドレス」。

URLの最後の部分が「.jp」や「.com」の前に来るのが

ドメイン名「〇〇〇〇」.jpとなります。

 

例えば「こども商店」という店の名前であれば、

codomo-shop.jp というふうにドメイン名にすると閲覧者も分かりやすいと思います。

 

最近では、都市名ドメインがあり、「.yokohama」「.okinawa」などもありますね。

 

ムームードメインXdomain、お名前ドットコム

 

Webサーバーをレンタルする

 

Webサーバーは、テキスト(文章)、画像のデータを保管する場所。ひと昔前までは、自前のサーバーで管理することもありましたが、最近はレンタルするのが一般的です。

WordPressでデータを送ることが出来るレンタルサーバーは下記のとおり

ロリポップ!wpXレンタルサーバーなど

 

WordPressをインストール

 

PCに直接ダウンロードする必要はありませんが、参考にどうぞ。

WordPress公式サイト

ロリポップ、XサーバーなどからWordpressの管理画面にログインできます。

 

テーマを選んでカスタマイズ

 

ワードプレスだけでは、まだ綺麗なサイトは作れない。

テーマというサイト全体のデザインのテンプレートが必要になる。

公式テーマで用意されている「Twenty Fifteen」「Twenty Seventeen」などがあります。

注)テーマだけではサイトはできません。独自ドメイン、サーバーなどを準備してから導入してください。

 

簡単ではありますが、Wordpressの導入の流れは以上です。

あとは、プラグインを設置し、お問合せファームを作ることが出来ます。

Contact Form 7がポピュラーなプラグイン。

 

自社のサイトを作成・更新、最新の情報をアップロードし、

顧客に喜ばれるサイト作りを目指しましょう。

 

マメに記事投稿すれば、SEO対策にも自然となります。

検索サイトで上位にあがれば、売り上げも倍増すること間違いないでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*